2009年04月23日

江戸っ子のユーモア

今朝の読売新聞の東京版(TOKYOホームページ)という記事に。。映画監督の瀬川昌治さんの記事が載っておりましたひらめき。。。地元飯田橋富士見地区の眼鏡「俎橋(まないたばし)」に関するお話です。。。記事によると。。。

manaita1.jpg manaita2.jpg manaita3.jpg

靖国通りを九段下に降りて俎橋を渡る。これも、通りとともに拡張されて片側4車線の堂々たる大橋である。ものの本を引くと、江戸時代初期に、まな板のような板を渡しただけの橋であったことに由来するという。また「御台所町」と呼ばれた幕府の台所衆の屋敷が近くにあって、その食材を江戸城内に供するルートになっていたこの橋を飯田川の「飯」と「台所」にかけて、食にちなんだ「俎まないた」とネーミングしたと言う説もある。いずれが正しいか知る由もないが、江戸っ子のユーモアあふれる後者に乾杯したい思いである。
。。。。↑記事そのまま。。。。

daidokoro.bmp

面白いですね〜。。。わーい(嬉しい顔)なんだか江戸時代にタイムスリップしたみたいに空想をしてしまいます。
飯田橋近隣の方は。。お昼休みにお散歩がてら見てみるのもいいかもしれません。。。橋を渡り神田方面に歩いてみれば。。。三崎神社氏子エリアで5月の祭礼を控え。。街はお祭りモードになっていると思われます。。そのまま、さらに神田方面に進み。。神保町の交差点を越えた辺りからは、神田明神氏子エリアに突入です。。こちらも5月の祭礼を控え。。お祭りムード真っ盛りではないでしょうかかわいい

いづれも江戸時代から続く伝統ある祭礼で、地域の方々は誇りを持って伝統の継承に力を注いでいらっしゃいます。。

なんとか、連休明けまでにギックリ腰を直して神田祭に参加しなくては。。。ふらふらなんだかちょこっと楽しみですね〜

かわいいいけだ君のお友達がいる神田祭関係かわいい

錦三

鎌倉町&東神田

多弐

ちゃんちゃん。。byいけだ君

上記記事に出ている。。。俎橋の説明はこちら次項有

こちらもどうぞ俎橋次項有

御台所町の説明はこちら次項有


posted by いけだ君 at 12:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 街の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。